自然言語処理入門 – 入門編

まだ、自然言語処理の勉強を始めて間もない、もしくはまったく勉強していないという人向けの解説です。

ここから自然言語処理に興味を持っていただけると嬉しいです。

Bag-of-Wordsは、説明変数に単語の回数やそれを調整したTF-IDF(Term Frequency- Inverse Document Frequency)を使った手法です。

結果がわかりやすく、簡単に実装することができるので、ベースラインモデルとして利用されることが多いです。

mm0824

システム開発会社や金融機関で統計や金融工学を使ったモデリング・分析業務を長く担当してきました。

現在はコンサルティング会社のデータ・サイエンティストとして機械学習、自然言語処理技術を使ったモデル構築・データ分析を担当しています。

皆様の業務や勉強のお役に立てれば嬉しいです。

mm0824をフォローする
mm0824をフォローする
楽しみながら理解するデータ分析入門
タイトルとURLをコピーしました