Streamlit入門 – フォームの使い方

streamlit入門

前回は、ステータスを表示する方法について見てきました。

今回は、最後のメインの要素のとなるStreamlitのフォームをについてていきたいと思います。

一般的にはHTMLでフォームを作成して、POSTメソッドで飛んできたリクエストをサーバサイドのプログラムで処理をする、という流れが必要ですが、Streamlitはフロントエンドのプログラムが不要なのでStreamlitだけで完結します

フォームの中の各要素を簡単に作れるので、フォームも非常に簡単に作れるようになっています。

公式ドキュメントはこちらです。

では、早速使い方を見ていきましょう。

Twitterで新規記事などについて発信し始めたのでフォローしていただけると励みになります!!↓
フォローする

フォームの使い方

submitボタン:st.form_submit_button

まずは、st.form_submit_button()を説明します。

これはフォームの内容を一括(batch)で渡すsubmitボタンです。

フォーム外では通常のst.buttonを使いますが、フォーム内ではst.form_submit_buttonを必ず使います。

st.buttonもst.form_submit_buttonも機能はほぼ同じなのですが、フォーム内でst.form_submit_buttonがないとエラーになります

使い方はst.buttonと同じでlabelに表示する文字を指定し、戻り値はボタンが押されたらTrueが返ってきます。

btn = st.form_submit_button(label='Submit')

フォーム:st.form

では、ここからがst.form()の説明です。

フォームを使うことにより、フォーム全体が一つのコンテナとして扱われます

あとで見ますが、実際にフォーム部分が線で囲まれます。

st.formの引数は以下の2つがあります。

  • key
    この要素を特定するためのキーになります。
    デフォルトはNoneが設定されます。
    今は特に指定しなくて大丈夫です。
    (他の要素でもkeyという引数はあるのですが、まだ解説はしていません。今後まとめて解説する予定です)
  • clear_on_submit
    Trueにするとボタンを押したときに値がクリアされます。デフォルトはFalseです。

また、設定の仕方は2種類あります。

  • with st.form()で囲む
  • withを使わず個別で呼び出す

どらでも構いませんが、with句で囲んだ方がわかりやすくて良いですね。

では、前回に引き続き、画像生成アプリ風にしてみましょう。

with句で囲んで、その中にテキストインプット、セレクトボックス(ドロップダウン)、テキストエリアを配置し、st.form_submit_buttonによりバッチでsubmitします。

import streamlit as st
import time
from PIL import Image

with st.form("my_form", clear_on_submit=False):
    name = st.text_input('名前を入力してください')
    series = st.selectbox(label='初めて出現したシリーズ', options=[f'ドラクエ{i}' for i in range(1, 13)])
    description = st.text_area('説明')
    submitted = st.form_submit_button("画像を生成")
    
    
if submitted:
    with st.spinner("画像生成中です..."):
        time.sleep(3)
    image = Image.open('キングスライム.jpg')
    st.subheader(name)
    st.image(image)
    st.text(description)  
    st.text(series)

以下のようにフォーム部分が囲まれて、フォーム外の部分に出力されます。

clear_on_submitにFalseを指定すると、入力したテキストボックス等がクリアされて初期化されます。

フォームの説明は以上になります。

ちょっと短いので、ついでに途中で処理を止める方法をご紹介しておきます。

強制終了する:st.stop

処理を途中でやめたい場合はst.stop()を呼ぶことで強制終了出来ます。

例えば、先ほどのフォームで、以下のようにif文でTrueだった場合に後続の処理をしないようにします。

if submitted:
    if name != "キングスライム":
        st.alert("キングスライム以外は生成できません") 
        st.stop()

    with st.spinner("画像生成中です..."):
        time.sleep(3)
    image = Image.open('キングスライム.jpg')
    st.subheader(name)
    st.image(image)
    st.text(f'初めて出現したシリーズ:{series}')
    st.text(description)

入力された名前が“キングスライム”ではなかった場合、エラーにしています。

すると以下のようにエラーメッセージを表示して、後続の処理は中止されます。

(内容がくだらなくてすみません…)

まとめ

短いですが、今回のフォームの紹介は以上です。

with句で囲むのとst.form_submit_button()を使うということだけ覚えていれば大丈夫ですね。

ここまででStreamlitの基本的なコンポーネント(要素)はほとんど説明しましたのかなと思います。

ですので、次回は機能というよりは色の変更やページの設定など、見た目を変更する方法を見ていきたいと思います。

では!!

mm_0824

システム開発会社や銀行・証券会社で統計や金融工学を使ったクオンツ・分析業務を長く担当してきました。

現在はコンサルティング会社のデータ・サイエンティストとして機械学習、自然言語処理技術を使ったモデル構築・データ分析を担当しています。

このサイトでは論文や本、Udemyなどの学習ツールについての情報発信をしていきます。

皆様の業務や勉強のお役に立てれば嬉しいです。

Twitterでも新規記事についての発信をし始めたので是非フォローしていただけると嬉しいです!↓

フォローする
streamlit入門 データ可視化
フォローする
楽しみながら理解するAI・機械学習入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました